カラフル

お問合せはこちらからどうぞ

こころのスキル

リフレーミングしてますか?

リフレーミングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

心理学で使われる言葉ですが、

フレーム(枠をつける=自分なりに物事を捉えること)をかける、つまりフレーミングを(RE…しなおす)し直す、物事の捉え方を変えてみることをいいます。

例えば…

人を紹介されるとします。「気難しい人なんだよね」と紹介されるのか、「思慮深い人なんだ」と紹介されるのでは、捉え方が違いませんか?

同じ状況を説明するのでもだいぶ印象が変わるものです。

とらえ直すだけで心が軽い♪

今日のカラフルの「こころのスキル」のクラスでは、ついネガティブに捉えがちのことも角度を変えるだけで、むしろハッピーなことに変わる!という事をワークで実感をしました。

例えば…

「自分勝手」をリフレーミングすると、「自分を大切にする人」ともいえるのでは?と言った意見が出ました。

リフレーミング習慣、始めよう

いかがでしたか?

明日から誰でも取り組みやすいリフレーミング。

ネガティブな気持ちやモヤモヤが起きた時に、その気持ちや捉え方を角度を変えて言い換えてみましょう。

少し、心が軽くなるのを実感できるかもしれません。