カラフル

お問合せはこちらからどうぞ

目指せダンドリスト♪

利用者の皆さんの中には、会社員経験が豊富な人や、アルバイトのみの経験の方など、

 

様々な経歴をお持ちの方々が通所されております。

 

就労訓練に当たっては、目的・目標に向かって行動出来るようにサポートさせて頂きますが、

 

その中でも共通して身に着けてゆけば、役に立つものがあります。

 

それは、「ダンドリ(段取り)術」です。

 

就職が決まった時は、喜びもひとしおですが、いざ働きだすと、

 

●仕事内容を覚えようとするが、なかなか進まず、だんだんと向き合う姿勢が後ろ向きになってしまう

 

●ミスが続くが、どうやって解決したらわからない

 

●仕事に集中できない

 

●成果が出ない、実感できない

 

●会社での自分の居場所が分からなくなってしまう

 

●家に帰っても、仕事が頭から離れない状態になり、家事も何もできなくなる・明日も不安・・・

 

などのお悩みが、ちらほらと寄せられます。

 

せめて、『毎日会社に行くのが普通にできること』、これがシンプルかつ、大事なことですね!

 

職場選びは、大事にしたいものですし、自分が望んだ仕事が出来る所に就職したいものです。

 

ただし、自分が好きな仕事や、得意な仕事ばかりを用意して頂けるわけではありません。

 

ご自身の思い通りに仕事が運ばない場合もありますし、それで職場定着が難しくなってしまっては、もったいないですね。

 

よく、「自分の取扱説明書をつくる」というワークもありますが、

 

それは、自分の特性を明確にすることで、

 

ならば、仕事をやりやすくするためには、「仕事の手順書」を作ってしまいましょう!

 

そのためには、「だれがやるべき仕事なのか」ということを明確にすることです。

 

そして、自分がやるべき仕事がわかったら、それにひとつづつ「名札」を付けてゆきます。

 

次に、締め切りの設定⇒スタートと、いわゆる※「PDCA」と言われるサイクルを回すことになりますが、なかなかサイクルが上手く回りません。

 

理由として、「できるかな?」や「なんで自分が?」という不安が先立つからです。

 

ときに、それが悲しみや、怒りの感情になったりします。

 

まずは、手を付けてみて、出来なかったら、人の助けを借りる、という気持ちを忘れずに。

 

もちろん、自分がまず、手順を明確にして、挑戦してから、人の力を借りることを何度でも思い出したいものですね。

 

目指せ、会社の中のダンドリスト(^^♪

 

 

※PDCAとは

PLAN:計画を立てる
DO:実行する
CHECK:結果を検証する
ACTION:検証結果を踏まえて再実行する