カラフル

お問合せはこちらからどうぞ

散策の時間♪

カラフルでは月に一度、「散策」の時間があります。
 
街中の神社や公園など、あちこち眺めながらぶらりと1時間半ほど歩きます。
 
季節の風や初めて歩く小道での発見、街の風情を感じたり…。
 
運動不足解消にも役立つように!!(*^^)v
 
 
今回は、片平丁界隈を散策しました。
 
一番町から東北大学片平キャンパスに向けてスタートです。
 
北門からキャンパスに入り、ほどなくすると、魯迅の教壇が見えてきました。
 
明治の建物をそのまま移築して、史料館と大学の出版会のものとして使われていました。
 
 
さらに進んで西側方面に出ると、そこが正門です。
 
どっしりとした風格ある正門を後にして、
 
左手に米ヶ袋の町並みを眺めつつ裁判所方面に足を進めます。
 
 
 
高等裁判所に近づくにつれ、石垣が目が止まります。 ばらばらな形の石垣は江戸時代のもの。 裁判所の周りの石垣は、形も四角く整えられていて明治のものらしいです。 以前、NHKの「ブラタモリ」でタモリが訪れ、検証していました。
 
 
裁判所から道路を挟んで崖下に見える広瀬川の水面がキラキラ光り、春の風が渡っていくように見えて、みんなで橋の上でしばし和んでしまいました♪(^^♪
 
 
一番町に向かう帰り道、以前から気になっていた赤い鳥居・・・。
 
近づくとそこは、仙台大神宮(伊勢神宮)。
 
思ったより奥行きがあり、赤い神殿に向かいそれぞれがお参りをしてきました。
 
「早くコロナが収まりますように!」
 
 
 
本日の散策コース、全6000歩なり。
 
気持ちよく疲れたな~(;’∀’)♪